Thomas Muramatsu

<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ネックジョイント

ネックジョイント部分を加工するための治具とテンプレートを調整しています。
一度に作業できる時間が少ないので、中々進まないのが難点ですが、あと少し。
b0168077_113029.jpg
b0168077_103521.jpg

ギターは仮で当てているだけで、固定もされていません。

ジグは、片側がボディ、反対がネック用に作ってあるのですが、もし作り直すなら
別個にすると思います。

さて、2月5日スタートで、毎週水曜日はジプシージャズのジャムセッションを開催します!
本場フランススタイルのジャムで、ジプシージャズの伝道のために来日したBruno Gil、
ルーマニア人バイオリニストPaul Florea、そしてThomas Muramatsuがホストで
行います。

G zone 銀座 Cafe La Bohem
2014年2月より毎週水曜日 夜20:00ごろから
チャージフリー(演奏者はドリンクサービス)
http://www.boheme.jp/gzone/
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-31 01:11 | Lutherie-楽器製作

28日外苑前Z.imagine

さて、明日は数年振りの外苑前Z.imagineでギタートリオです!
今回は、オリジナルととっておきアレンジものに、歌を交えて
いきます!
久しぶりのリーダーライブで気合入れて挑みます。

1月28日 火曜
外苑前Z.imagine
19:30オープン
20:00スタートで、2セット、22:00過ぎまで演奏します!
チャージ2000円
メンバーは
村松トマ Guitar/ちょっと歌
鉄井孝司 Bass
山口新語 Drums
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-27 23:25 | LIVE SCHEDULE

本日 銀座Bvlgari Il Bar

今日は銀座Bvlgariの10F、Il Bar(イルバール)で演奏します。
21:00と22:00の2セット
Derek Short/Bass
Thomas Muramatsu/Guitar
Monique Dehaney/Vocal


そして、来週火曜日はギタートリオで久々のライブです。
外苑前Z.imagine
1月28日
19:30open
20:00start (20:00 1st set, 21:10 2nd set)
Thomas Muramatsu 村松トマ(guitar/vocal)
Koji Testui 鉄井孝司(bass)
Shingo Yamaguchi 山口新語(drums)
スタンダードジャズ、オリジナル、ボサノバ、アレンジ物を入れる予定です。
是非!!
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-23 10:52 | LIVE SCHEDULE

砥石の養生 改善すべき手順


砥石をカシュー(または他の塗料)で養生する際に、注意すべき点があります。
今回は初めてだったので、いくつかの方法を試しましたが、どれも問題ありでした。
問題なのはマスキング。(養生と言いますが、紛らわしいのでマスキングでいきます)

まず、砥面のマスキングは絶対にした方が良いということ。どうせ平面を出すし、いいやと
思ってそのままにすると必ず後悔します。砥面は出来る限り気を使って、養生後の面直しも
最小限で済むようにするのが正解です。
また、砥面に塗料が染み込むと変質します。感触や砥ぎ上がりが変わってしまいます。

さらに、マスキングテープ以外は使わないこと。今回他のテープも試しましたが、接着剤が多くのこり
除去に苦労します。マスキングテープでも、極端に廉価のものは糊残りが多いので、ある程度品質に
信頼の置けるものを使う方が良いでしょう。

そして、砥面のみでなく、側面の表より、3~5ミリ程度もマスキングしてしまった方が綺麗に
仕上がるように思います。そうすれば、側面のみにマスキングテープを張って、砥面はそのまま(または紙などでカバーする)で大丈夫なので、より砥石への負担が少なくなります。

最後に塗り方ですが、比較的濃い状態で塗っても大丈夫そうですが、塗料の量が多いと盛大に垂れて
中々やっかいです。刷毛跡は、乾燥する前にほぼ完全に消えるので、そんなに考えなくて大丈夫そう
です。(これを書いているのは真冬ですが)


ちなみに、前回の写真で、割り箸を台に使っていますが、もっと高さのあるものが良いです。
また、あんまり大量の砥石を同時にやるのはお勧めしません。大切は砥石を最後にとっておいて、
順番にやった方が良いと思います。
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-23 00:31 | Woodworking-木工関連

砥石の養生


カシューのクリアーを使って養生しています。
三回塗って、最後はわりと厚めに塗っています。
青砥、新田巣板、大平、菖蒲、東急ハンズ木端×2、三河白名倉3つ
今まで養生したことが無かったので、全部まとめてやりました。
補強は入れずに塗料のみです。
b0168077_017391.jpg

これで全て面を作り直して準備完了です。(もちろん、写真では裏側向いてます。)
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-21 00:19 | Woodworking-木工関連

ちょっと古い演奏動画

少し前のものですが、Mike Zachernuk(Tp)とPaul Dwyer(bass)とのトリオでの
演奏の動画を載せます。



今日は銀座BvlgariにてDerek Shortと演奏してきましたが、昼間は砥石の養生をしてみました。
塗膜の厚さをどのくらいにすべきかイマイチ分からないので、とりあえず2回塗りですが、もう一度
塗るべきかどうか。使ったのはカシュー塗料のクリアー。思ったよりも大分色が濃いです。透にしなくて
よかった。透では石肌はまったく見えなくなりそうです。
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-18 01:46 | Music

鉋刃の再生

新しく入手したぼろぼろの鉋を再生していきます。
元の状態
b0168077_235045.jpg
b0168077_23231.jpg

かなり錆ています。
とりあえず軽く錆落としした状態
b0168077_251433.jpg
b0168077_25012.jpg
b0168077_254573.jpg

まだまだ手入れが必要ですが、軽く錆を落としただけで随分と印象が変わるものです。
錆を完全に除去することはもちろん、裏の透き直し、さらにもう一段階先まで勉強中で、
今後はやることがさらに増えそうです。



さて、来月からは、毎週水曜日に銀座G ZONEにて、ジプシージャズのジャムセッションを開催する
ことになりました。当面は毎週、Payl Florea, Bruno Gilと共にセッションをリードして行きます。
本場のリズムとジャムセッションスタイルを再現することを目的としたセッションです。
ジプシージャズに興味がある人、音楽を聴きたい人、チャージフリーなので是非来てください。
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-17 02:12 |

新しい砥石達で鉋の試し砥ぎ

試しに砥いで見ました。古い鉋でまだ、手入れも何もしていないので、砥いだとこ以外は
錆びたりしたままですが、どうしても新しい砥石と試したかったので、そのままやってしまいました。
b0168077_22362477.jpg

刃が結構痛んでいたので、電着ダイヤでおろしてから、黒幕#220→黒幕#1000
→青砥→黒幕#5000→新田巣板で、かなり綺麗に地がぼけて鋼がある程度光りました。
そのあと試しに東急ハンズコッパのかなり硬めの石に当てたら、ちゃんと平面を出していなかった
ようで、刃の中心だけ当たってしまいました。すぐに気付いて(平面出しする気力はなかったので)
やめましたが、中心の辺りだけ、地金も少し光ってます。

今まで深入りしなかったと手工具や砥ぎの世界に今年から首を突っ込みます。

前回砥石を新規購入して、青砥を初めて使いましたが、人造とは全く別物の砥ぎ味で、
砥ぎ自体を楽しみながら出来ることに驚きました。
青砥も他に入手して研究することになりそうです。。。



今日も、日中はちゃんと演奏してきました。
今月28日は外苑前Z.imagineで久々トリオライブです!
村松トマ
鉄井孝司
山口新語
で、スタンダードとオリジナル、間に合えばちょっと珍しいアレンジものを入れる予定です!
さて、練習します。
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-13 22:50 |

動画アップ

ベースのDerek Shortとの演奏動画をアップしました。無計画で挑んだ演奏でしたが、ツアーリハ中に
とても良い息抜きになって楽しく出来ました。

Thomas Muramatsu & Derek Short
Hit the Road Jack


[PR]
by thomasguitar | 2014-01-11 20:57 | Music

新しく入手した砥石たち

最近製作などの作業に気合を入れようと、様々な土台の強化を図っています。
その1つとして、砥ぎの研究をしていますが、始めるとなんでも凝ってしまうので、
しっかり砥石にも手を出し始めました。
b0168077_16422359.jpg

青砥、大平、新田巣板、黒幕エンジ#5000

今までは刃の黒幕#1000で出来るだけカバーして、もらいものの天然砥石で仕上に
していたのですが、砥ぎを頻繁に行うようになって、効率が悪いのが気になってきました。

サンドペーパーと同じで、少ない番手で荒~仕上まで行うと、番手ごとに必要な時間が大幅に
増え、かつ砥石の場合は面がどんどん乱れてより難しくなってしまいます。手も疲れます。
時間と労力をいかに節約して全ての作業を行うためには、出来るだけ細かく分けて、一つの番手
ごとにほとんど時間と力をかけずに砥ぐことが理にかなっています。

さらに砥ぎのレベルが上がればあらゆる作業がより楽にもなります。

今月28日は外苑前Z.imagineにてギタートリオでやります!!
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-10 16:53 | Woodworking-木工関連