Thomas Muramatsu

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

デザイン、図面。

今日はヘッドのデザインと原寸の図面の製図、ネックテンプレートの製図をしました。
まずはイメージをまとめつつ色々試して使えそうなデザインにしていきます。
b0168077_23273437.jpg

(ロゴも思案していたために落書きが多いです)
ゴージャスで格好良い大きめのヘッドではなく、とにかくコンパクトで弦がより直線的に
張れるデザインにしました。ケースにも余裕で収まります。
これを元に正確なサイズの図面をひいていきます。
b0168077_23301696.jpg

まずはセンターラインをひいてからナットの線をひきます。
そして、ナットから最大幅部分までの距離をマーク。ついでに全長、各ペグホールの距離も
マークしておきます。
b0168077_23325888.jpg

雲形定規を使ってマークしたポイントを結びます。
最初のデザインに合わせて定規に記しをつけてコピーします。
b0168077_23342086.jpg

同じ要領で全体のアウトラインをひいていきます。
b0168077_2335551.jpg

今回は、ここでコピー機で複製しました。
b0168077_23363655.jpg

ヘッドのテンプレートにはこれで十分。
よりイメージをはっきりさせるためにバインディングも書き入れて見ました。
b0168077_23374966.jpg

こんな感じです。簡単なような難しいような。。
ネックのテンプレートはデザインも何も無いので、寸法が命です。
面白くないので写真は載せません。
テンプレートそのものが完成したらまとめて写真でも撮ってみようと思います。


一日で色々と進めました。作業の他、練習、新曲の出だしを作曲、新しく一曲を覚えて
見たり中々充実していたので、明日は富津で存分に遊んで来ようと思います。
choco fin初出動です。しかし注文したマストとジョイントはまだ届いていないので
古いもののままで行きます。
ああ、風神様、よろしくお願いします。
[PR]
by thomasguitar | 2010-04-28 23:47 | Lutherie-楽器製作

Body mold

b0168077_1034585.jpg

The body mold for a 16" archtop guitar
日本ではフルアコと呼ばれるタイプのギターを作るときに本体の型と作業の土台に
使うものです。合板を六枚重ねてます。

張り合わせと整形を平行してやっていたので手間取った部分が結構ありましたが、
最終的に全てが許容範囲に収まりました。
エンドピン用の穴ともしかしたらクランプ用に穴を追加するかも知れませんが、これで
一応完成です。
b0168077_10264380.jpg

最近、製作がまた進み始めました。先日、この型をほぼ仕上げたので、
次はネックとヘッドのテンプレートになります。
以前一度ヘッドをデザインしてあったのですが、ここしばらくの仕事の状況などで
求めるものが見た目以上に実用性になってきたので、ヘッドはデザイン変更の予定です。
よりコンパクトにします。

それにしても最近天気が悪いですね。。
[PR]
by thomasguitar | 2010-04-28 10:26 | Lutherie-楽器製作

ナスとツナ

ふと思い立って、ナスを生かしたパスタを作って見ました。
生憎の雨と低温で買い物に行くのが億劫だったので、家にあるもので。。

ということで、ナスとツナのパスタを考案して見ました。
改良の余地はあるだろうけど、このままでも美味しいです。
意外とどっしりした味になりました。
b0168077_1323526.jpg

材料:
 ナス
 ツナ缶
 パセリ(イタリアンパセリがあればそちらを。。今回は違いましたが)
 ニンニク
 オリーブオイル
 トマト(今回は缶のイタリアンホールトマトをトマト一つ分のみ使いました。
     フルーツトマトなんかを入れるともっと美味しいと思います。生のもので。)
 白ワイン

フライパン又は鍋に、みじん切りのにんにくとパセリ、オリーブオイルを入れて
香りを出します。
そこにツナを入れてしばらく火を通して、少々の白ワインを。
白ワインはツナの味を少し押さえる目的で使いました。でもほんの少しだけです。
全部を一旦よけて、フライパンは洗わずに新たにオイルとナスを入れてよく炒めます。
火が通ったらトマトを入れて崩します。この辺りでパスタの茹で汁を少々。
先ほどのツナを入れて全体をよく混ぜ、そこにパスタを入れて和えます。

以上。うん、簡単。
普通は最初に唐辛子も入れると思いますが、最近、辛いものが食べられない人の
レシピを考えているので辛味無しで作って見ました。



来週は大阪撮影が決まったいたのが、突如、東京撮影に変更になりました。。
予定が狂う、、

[PR]
by thomasguitar | 2010-04-24 01:36

トマトヨーグルトソース

明日22日は代々木Articaにて SuperRacerTrioのライブです。
2セット。
代々木、または小田急線の南新宿からが近いです。
新曲も二曲くらいやります!

4月22日(木) 代々木ARTICA
20:00~ 21:00~
チャージ¥2000
→http://www.waterbar.jp/access/index.html



さて、題名のソースですが、以前一度偶然出来たソースを元にまた作ってみたものですが、
トマトとヨーグルト、いくつかのスパイスで作るソースで意外に軽い味です。
普通のトマトソースよりも丸みがあって、ちょっとスパイスも効いているのでヴァリエーションに
良いと思います。

チキンソテーなどに合いますが、色々他のものも試すといいでしょう。

b0168077_18474394.jpg

(写真ではタブレとラタトゥイユと共に写ってます、理想的な組み合わせでは無いですが残り物で。。)

材料:
 トマト 1
 ヨーグルト スープスプーンで一掬い程度
 オイル 少々
 ターメリック 少々
 カイエンペッパー 少々
 ナツメグ 少々
 塩・胡椒 少々

トマトはみじん切り(プロセッサーでも良いかも?)にして鍋に入れ、火にかける。
オイル(今回はオリーブオイル)を少々。
トマトにある程度火が通ったら火を弱めてヨーグルト(うちはブルガリア)。
良く混ぜたらナツメグ、カイエンペッパー。
塩・胡椒。
最後にターメリック。
ターメリックはインド系の料理の時よりも少なめにするのが良いと思います。

完成。
簡単です。

色々とアレンジしても良いと思います。にんにく入れたり。
カイエンを入れなければ辛味無しで出来ます。味はちょっと変わるかな。
トマトは普通の丸型トマトで生のものが良いです。
このソースは濃厚なトマトの味よりも爽やかなトマトの味がポイントです。
生だったらナス型もありかも知れません。シシリアンルージュで試してみたいです。
[PR]
by thomasguitar | 2010-04-21 19:03 | Food,cooking-料理全般

本日の製作

今日はPCのキーボード用に引き出し式の台を製作しました。
Mac miniを導入してから机の上に全くスペースが無くなってしまって、
譜面を書くにも、設計やデザインを考えるにもどうにも不便だったので前々から
計画してはいたのですが、やっと実行しました。
b0168077_23383435.jpg

至って簡単な作りですが、板はフレンチポリッシュ仕上げです。
セラックニスをタンポン塗りするのですが、結構な手間と難易度で中々見かけない
塗装です。
自分では簡易フレンチポリッシングと言えるやりかたでやってます。
ニスとベビーオイルのみです。高級家具や楽器でなければこれで十分。

楽器の製作も一部進めましたが遅い時間になってしまったので今日はここまで。
さて、今から練習でもしますかな。

明日、田町Surperracerにてデュオライブをやります。
八時頃から2,3セットやるので時間のある方はどうぞ。
チャージフリーです。
[PR]
by thomasguitar | 2010-04-14 23:46 | Woodworking-木工関連

ピタ

ナンに続いてピタを作って見ました。(すでに数日経ちましたが。。)
ピタはとても簡単で美味しいです。
ポケット状になっていてピタサンドにして食べます。
b0168077_22165295.jpg
一般的にはファラフェル(ひよこ豆の
揚げ団子)を入れたりして食べるの
が多いと思いますが、結構どんなもの
を入れて食べても美味しいと思います。
写真はファラフェル、キャベツ、揚げ茄子
白ゴマソース、チリトマトソースだった
と思います。
ラム肉をターメリック、クミン、フェヌグリク、
カイエン、塩、胡椒などを加えて焼いたもの
も挟んで見ました。もちろん美味しいです。

紫キャベツ、人参、セロリ、キュウリなど
他のものでもなんでも合うと思います。
普通のサンドイッチのパンの代わりにも
なります。


レシピはこんな感じです。小麦粉に色々変化をつけるが面白いと
思います。全粒粉など。
* 強力粉又は中力粉: 500g
* イースト: 6g
* 塩: 小3
* 砂糖: 小3
* オリーブオイル: 大さじ1
* 水: 約300cc
発酵約一時間

全部を混ぜて良く捏ねてから寝かせます。適当なサイズにちぎって、
丸めたらまた少しだけ寝かせます。
薄く平らに延ばしますが、手だけで延ばすか、手である程度平らにしてから
軽く棒を使っても大丈夫です。
ナンと同じく、オーブンの最高温度で一気に焼きましょう。
コツは焼きすぎないこと。真っ白のままにしましょう。

生地を冷凍しておくことも出来ますし、焼いたものも一応冷凍できるでしょう。
ナンよりもシンプルなので作りやすいと思います。
是非作ってみて下さい。
[PR]
by thomasguitar | 2010-04-13 22:33 | Food,cooking-料理全般

ナン

さて、最近新しい料理はあまり試していなかったのですが、全く新しいもので
ナンを作って見ました。ネットで見つけたレシピで挑戦。

レシピの分量より粉を少し増やしてやりましたが、ほぼレシピ通り。
焼くときに最初そのままオーブンでやったら今一だったので、ピザストーンを
がんがん熱してから一気に焼いて見たら大分良くなりました。

しかし、自分の求めていたナンとはちょっと違ったので、味と食感で余計だと
感じたものを省き、他のものの分量を調整して新しいレシピを考えました。

こんな感じ。
強力粉          250g
サラダ油         大1
塩             小 1.5
砂糖            10~20g
ベーキングパウダー  小1.5
牛乳            100cc
水  50cc
ヨーグルト  30g

実験用に量を少なめにしてあります。
これと同時に最後三項目のバランスを変えたレシピでも試して見ましたが
これの方が美味しかった。
ヨーグルトの分量は結構適当です。でもあんまり増やさない方が良さそう。
砂糖は通常よりも少なめにしてあります。

混ぜて、捏ねて、寝かす。
ナン一つ分のサイズにちぎって丸め、さらに寝かす。
それからオーブンの最高温度で一気に焼きます(これが重要です)。
オーブンの無い人は諦めましょう。(ゆっくり焼くと全く別物になります。それはそれで美味しいけど)

ギーをかけて完成。割りと簡単です。
[PR]
by thomasguitar | 2010-04-04 14:33 | Food,cooking-料理全般

4月5日 六本木Boston Dreams

矢舟テツロー pf&vo
村松トマ gt
多田和弘 bass

のトリオで演奏します!
20:00,21:10,22:20の3セット!
チャージは3000円。

さて、先月はやたらと忙しい中、良い事がいくつかありまして
中々良い月になりました。
今月はゆっくりのスタートですが、色々と進めて行きたいと思います。

最近、家でもそれなりにいけるナンが作れることを発見しました。
b0168077_021848.jpg

[PR]
by thomasguitar | 2010-04-03 00:03 | LIVE SCHEDULE