Thomas Muramatsu

カテゴリ:鉋( 7 )

古い鉋台 再利用

古い鉋を入手して、錆びた刃を再生し使用するのは良くあるですが(興味のある人は)、
台に大きな割れや欠けがあったりして使い物にならないこともあると思います。
積層台なんかに改造することも出来ると思いますが、もう一つアイデアを紹介します。


b0168077_17552082.jpg
これは中心の辺りに割れが少しあって、頭の方はボロボロに割れ・欠けがあったものを台尻の割れから
手斧で割った物。目が真っ直ぐの場合は鋸で切るよりも割ってしまう方が後で異常が出にくいと思います。
b0168077_17555747.jpg
使い物にならない頭は切って
b0168077_17553541.jpg
小鉋、豆鉋台ように使い回し。
写真ではイメージしやすいように簡易的に線を入れています。
b0168077_17545008.jpg


[PR]
by thomasguitar | 2018-07-12 18:05 |

鉋の再生 サビ落とし 続き

錆鉋の再生の続き。
かなりボロボロで得体の知れない感じでしたが、手をかけていると段々とその姿を表してきます。

b0168077_19192703.jpg

裏の錆落としの後に修正を始めて、途中経過。
さすがにそれなりの深さまで錆が行っていますが、さらに少し進むと
b0168077_19193963.jpg
綺麗になってきました(写真を撮るのが難しい…)。
まだ少し進めた方が良さそうです。
まだ不完全ですが、少しまともになって来ました。少し砥石を当てたり様子を見ます。

鎬面も刃の表情を見るために少し落とします。
b0168077_19202465.jpg
肌の部分は相変わらずですが、鎬面は思ったよりも錆が浅い。
グラインダーで慎重に削ろうとしましたが、未熟で思うようにいかないので、結局ダイヤモンド砥石で荒削りを少しして、表情を出す為に大まかに平らになった部分だけ簡単に研ぎ進めてみました。刃がかなり大切れになっていたのと、片研ぎもかなり進行していたので修正しつつになりますが、とりあえず刃の雰囲気が知りたいので途中で部分的に研いでいます。
b0168077_19203553.jpg
中砥もさっとあてただけなので傷だらけですが、しっかりと地鉄の表情は確認出来ます。
思ったよりも状態は良さそうです。
同じ錆でも表面が広く錆びるものと、とにかく深くまで行っているものがありますが、これはとりあえず使用可能な状態に出来そうで一安心。綺麗に仕上げるにはまだまだ手がかかりますが。



[PR]
by thomasguitar | 2017-01-24 19:40 |

鉋刃の再生 錆び落とし

今後しばらくかけて古い道具の再生を少しずつやっていこうと思っています。
どの程度の状態までなら救いようがあるのかも含め、まずは完全に錆び狂って
いる道具を再生していこうということで、写真をアップしていきます。
b0168077_17102825.jpg
b0168077_17103894.jpg
まずは外側の赤錆や大まかな錆び落とし。
b0168077_17105224.jpg
b0168077_17101074.jpg



裏の状態が酷くないものは、ここから研ぎ直すだけで使えますが、こういうぼろぼろのやつはまだまだやることがあります。様子を見ながら出来ることを考えていますが、とにかく再生してちゃんと切れるまで持っていければと思います。


[PR]
by thomasguitar | 2016-11-28 17:19 |

黒檀台 #2

上面から掘っていった写真です。
他の作業や練習の合間にやっているので少しずつしか進みません。
b0168077_22534033.jpg

まだかなり掘らなくてなりません。


さて、明日はDjango Night Jam Session 第一回目です!!
銀座G zoneで20:00から、チャージ無しですので興味ある人は
少しだけでもよって下さい!!!
[PR]
by thomasguitar | 2014-02-04 22:55 |

黒檀台 台打ち #1

以前買った黒檀材(エボニー)で鉋台を打っています。
黒檀は無謀と言えるくらい堅くて、とても手作業で台打ちをするのに向いているとは思えませんが、
どうしてもやってみたくて始めました。
b0168077_22104342.jpg

中心線と刃口の線を引きます。刃口は全長を6:4で割った位置。
横の写真を撮り忘れましたが、刃口の線から8分勾配で側面に線を引きます。
(曲尺を使いました。)
刃口の幅を決める。
b0168077_22131670.jpg

中古の刃で、まだ何もしていないので錆などがあります。
刃口の幅が決まったら毛引きをセット。
b0168077_22153185.jpg

毛引きで引いた線に合わせて白を入れています。
b0168077_22162724.jpg


もう少し引く線がありますが、写真を忘れていました。
このあと、刃口側からドリルで連続した穴を開けていって、上面から鑿(ノミ)で掘って
いきます。
因みに、黒檀の場合は鑿の刃を二段刃にしたり、はまぐりにしたり、何かしら工夫しないと
一発で刃こぼれします。また、幅の狭い鑿でないと叩いても切れ込んで行きません。
(技術のある人はどうにかなるのかも知れませんが…)
[PR]
by thomasguitar | 2014-02-02 22:23 |

鉋刃の再生

新しく入手したぼろぼろの鉋を再生していきます。
元の状態
b0168077_235045.jpg
b0168077_23231.jpg

かなり錆ています。
とりあえず軽く錆落としした状態
b0168077_251433.jpg
b0168077_25012.jpg
b0168077_254573.jpg

まだまだ手入れが必要ですが、軽く錆を落としただけで随分と印象が変わるものです。
錆を完全に除去することはもちろん、裏の透き直し、さらにもう一段階先まで勉強中で、
今後はやることがさらに増えそうです。



さて、来月からは、毎週水曜日に銀座G ZONEにて、ジプシージャズのジャムセッションを開催する
ことになりました。当面は毎週、Payl Florea, Bruno Gilと共にセッションをリードして行きます。
本場のリズムとジャムセッションスタイルを再現することを目的としたセッションです。
ジプシージャズに興味がある人、音楽を聴きたい人、チャージフリーなので是非来てください。
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-17 02:12 |

新しい砥石達で鉋の試し砥ぎ

試しに砥いで見ました。古い鉋でまだ、手入れも何もしていないので、砥いだとこ以外は
錆びたりしたままですが、どうしても新しい砥石と試したかったので、そのままやってしまいました。
b0168077_22362477.jpg

刃が結構痛んでいたので、電着ダイヤでおろしてから、黒幕#220→黒幕#1000
→青砥→黒幕#5000→新田巣板で、かなり綺麗に地がぼけて鋼がある程度光りました。
そのあと試しに東急ハンズコッパのかなり硬めの石に当てたら、ちゃんと平面を出していなかった
ようで、刃の中心だけ当たってしまいました。すぐに気付いて(平面出しする気力はなかったので)
やめましたが、中心の辺りだけ、地金も少し光ってます。

今まで深入りしなかったと手工具や砥ぎの世界に今年から首を突っ込みます。

前回砥石を新規購入して、青砥を初めて使いましたが、人造とは全く別物の砥ぎ味で、
砥ぎ自体を楽しみながら出来ることに驚きました。
青砥も他に入手して研究することになりそうです。。。



今日も、日中はちゃんと演奏してきました。
今月28日は外苑前Z.imagineで久々トリオライブです!
村松トマ
鉄井孝司
山口新語
で、スタンダードとオリジナル、間に合えばちょっと珍しいアレンジものを入れる予定です!
さて、練習します。
[PR]
by thomasguitar | 2014-01-13 22:50 |