Woodworking-木工関連

研ぎのポイント

久しぶりの木工関連の投稿です。(包丁にも関係ありますが)

長い間、研ぎは時間が掛かるし疲れるし、仕上がりは当たり外れ
があったり、砥石との相性があったりして不安定でした。
砥石も増えて、刃物も増えて、演奏に支障の出ないような研ぎ方
を考えている中で気付いたことがあります。それは
力を抜く
ということです。最終仕上げで力を抜くということでは無くて、
最初から最後までずっと力を抜きます。(欠けの修正などは別です)

力が大きくなるほどに、荒く大きく削れるのは感覚的にわかると
思いますが、力を抜くのその逆に細かくなります。
力を抜いて研ぐと仕上がりが早く綺麗になり、余計な疲れも
なくなります。今まで合わなかった刃物と砥石も合うものが
増えます。

力を入れないと安定しないように感じるのは結構気のせいで、
押し付けても安定する訳ではあります。
安定しにくい場合はゆっくり動かしながら、常に確認するのが
重要です。

積極的に力を抜く、という意識を持って研いでみて下さい。

[PR]
by thomasguitar | 2017-07-26 10:09 | Woodworking-木工関連

ギター演奏、製作、料理、工具などなどをゆっくり更新


by thomasguitar