鉋の再生 サビ落とし 続き

錆鉋の再生の続き。
かなりボロボロで得体の知れない感じでしたが、手をかけていると段々とその姿を表してきます。

b0168077_19192703.jpg

裏の錆落としの後に修正を始めて、途中経過。
さすがにそれなりの深さまで錆が行っていますが、さらに少し進むと
b0168077_19193963.jpg
綺麗になってきました(写真を撮るのが難しい…)。
まだ少し進めた方が良さそうです。
まだ不完全ですが、少しまともになって来ました。少し砥石を当てたり様子を見ます。

鎬面も刃の表情を見るために少し落とします。
b0168077_19202465.jpg
肌の部分は相変わらずですが、鎬面は思ったよりも錆が浅い。
グラインダーで慎重に削ろうとしましたが、未熟で思うようにいかないので、結局ダイヤモンド砥石で荒削りを少しして、表情を出す為に大まかに平らになった部分だけ簡単に研ぎ進めてみました。刃がかなり大切れになっていたのと、片研ぎもかなり進行していたので修正しつつになりますが、とりあえず刃の雰囲気が知りたいので途中で部分的に研いでいます。
b0168077_19203553.jpg
中砥もさっとあてただけなので傷だらけですが、しっかりと地鉄の表情は確認出来ます。
思ったよりも状態は良さそうです。
同じ錆でも表面が広く錆びるものと、とにかく深くまで行っているものがありますが、これはとりあえず使用可能な状態に出来そうで一安心。綺麗に仕上げるにはまだまだ手がかかりますが。



[PR]
by thomasguitar | 2017-01-24 19:40 |

ギター演奏、製作、料理、工具などなどをゆっくり更新


by thomasguitar