Woodworking-木工関連

砥石の養生について、思うこと



相変わらず、砥石の養生の記事を読まれる方々が多いので、時間がとれた時に、分かり易い内容で記事を再び書くことを考えています。


ところで、砥石の養生と言えば、昔は、今は代用品(?)のカシューが一番一般的かと思います。
さらに、和紙を周りに貼付けて補強する場合もあります。
それを使用面以外にたっぷりとつけて、がっちり固める、というのが一般的なやり方かと思います。

しかし、最近疑問に思うことがあります。砥石は基本的に、使った後水が切れるように置いておくと思います。使用する際には水を含ませて使いますが、終わればその水を抜くのです。その時に、使用面以外の五面全てが養生されていると水は中々抜けないのでないか。
もしかしたら、側面だけ養生して、上下両面をそのままにして置いた方が良いかも知れない。ということです。
※2015年の段階で、やはりしっかり養生した方が良い石もあるという考えになって
います。特に中砥に割れやすい物が多いように感じています。今後、割れそうな気配
のある石は積極的に養生します。

養生をする際には、石を守るためにがっちりしっかりやりたくなるものだと思いますが、実際には必要最低限に押さえるのが理想ではないかと思います。プロで、現場に持ち込んで使う場合なんかは話が違うと思いますが、自宅または自分の工房の決まった場所に置いている場合、そこまでがっちり固める必要な無いと思います。どうしても割れそうで心配な石は、側面だけ、布か和紙とカシューで固めれ良いのではないでしょうか。


もちろん、こんなことを含めて、そもそもそんな神経質に考えることでは無いかも知れませんが。





新しい良い砥石を手に入れたら、それを絶対に割りたくないと考えて、では養生をしようと考えてる人が多いと思います。
ただ、養生の正しいやり方、そもそも養生の必要性、養生に使う材料は、などと言った情報が少ないので、ネット上で色々と情報を求めて彷徨っているでしょう。

自分は、砥石の専門家でないどころか、経験も扱う技術も素人も良いところではありますが、素人としては石もある程度あるし、そもそも研究や考察することが好きなので、色々と書いています。
また、これまでの経験上、投稿している人のレベルに関係なく、インターネット上に情報があること自体がとても有用だと思うので、出来るだけ多くの内容をシェアしようと考えています。
 今の世の中で、手仕事や他のあらゆる想像する仕事を広めたり支えたりしていくことに、インターネットでの情報の共有は大きく貢献すると思います。
 なんせ、情報だけで、実際に教えを受けなくても良い楽器を製作出来てしまうんですから、情報は重要です。(インターネット以外の書籍なども、重要です)

[PR]
by thomasguitar | 2015-07-29 10:46 | Woodworking-木工関連

ギター演奏、製作、料理、工具などなどをゆっくり更新


by thomasguitar